ニキビケア

効果のあったニキビケア

効果のあったニキビケア

幸いにも私はニキビができにくい体質です。
しかしその反面、何かが原因で出来てしまうとニキビケアのために右往左往する羽目に…そんな中効果があったニキビケアをいくつか紹介します。

 

まず睡眠。若い時はよかったのですが(笑)30歳を過ぎたあたりから睡眠不足でニキビができるようになってしまいました。
ニキビケアは、しっかり時間を確保するしかありません。

 

そして栄養。ビタミンCとビタミンBは意識して取るようにしています。
これが特に有効なニキビケアだと思います。

 

実際にビタミンを意識しない食生活だと、しっかり睡眠をとっていてもぽつぽつ出来てしまうこともありました。
ホルモンバランスも重要です。
女性は特にホルモンバランスが崩れやすいので、こちらも意識していました。

 

適度な運動やバランスの良い食生活がいいとわかっていてもなかなか実施出来ない時は病院にお世話になることも。
でもやっぱり健康に良いのは自分で日常的に気をつけることです。

 

ニキビに限らずなるべく健康的な生活をするように心がけています。

 

 

ニキビケアでとても大切なことに、当たり前だと思われるかもしれませんが睡眠が挙げられます。
ファンデーションのノリが悪いなと感じる時も、15分くらいのうたた寝をしたら調子がよくなったと感じることがあります。

 

 

私の場合は、一日でも夜更かしをしてしまうと必ず翌日に新しい白ニキビが出来てしまったり、ニキビの芯が見えない中にこもっているような痛みを感じるニキビが出来たりなど、お肌のトラブルが顕著にあらわれます。ニキビケアには重要なことです。

 

それだけ睡眠をしっかりとることや、お化粧をしっかり落として寝るということは、ニキビケアをおこなうにあたって大前提のことなのです。
お肌も新陳代謝をおこなっており、ターンオーバーが活発になる時間帯は、夜10時から午前2時までの間で、この期間をニキビケアの黄金の時間帯だとされています。

 

夜10時に就寝をするのはなかなか難しいですが、ニキビケアのため、美肌のためにもなるべく日付が変わる前に布団に入るように心がけています。


ホーム RSS購読 サイトマップ